塗装の必要性

外壁塗装の必要性~予防保全と事後保全

外壁塗装の必要性に関して、建物外壁の表面劣化は、
その地域の周辺環境や紫外線等の悪影響により必ず生じてきてしまいます。
定期的にメンテナンスを行わないと表面劣化を通り越し、外壁材料そのものにまで
悪影響が生じてしまう可能性がありますので、外壁塗装の必要性としてはきわめて重要です。

大まかに建物のメンテナンスには予防保全と
事後保全
の2つの考え方があります。

予防保全とは、重大な不具合が発生する前に
未然に防止し、必要な負担を最小限に抑え耐久性の向上を図ります。

事後保全とは、重大な不具合が発見されてから修繕を行う保全方法で、予防保全より多額な費用負担が必要となります。

当社では直接施工(自社施工)により、低価格で品質の高い外壁塗装を
実現しておりますので、より多くのお客様に提供していきたいと考えております。

外壁塗装の耐久性について

外壁塗装の耐久性に関しましては、外壁そのものの耐久性が良くなり、
耐用年数が20年の材料であれば、20年先まで塗装しなくても大丈夫だと思いがちです。
しかし、外壁以外の塗装部分(鉄部、木部)は、外壁部分より劣化が早い為、
再度必要に応じて塗装を行う必要がございます。

外壁以外の塗装を定期的に行う場合でも、
結果的には足場等の費用が、同時にかかるため
あちこちと、部分ごとに工事をおこなうことは、
結局、費用的に割高になってしまいます。

このことから、10年周期くらいを目処に、外壁塗装と、その他の塗装部分(鉄部、木部)をセットでしっかりと塗装するのが、建物の保全上及び経済的にも一番効率の良いメンテナンス方法といえるでしょう。

当社では、低価格で比較的耐久性の良い、シリコン系の材料を当社ではお勧めしています。

Copyright(c) 2017 e-塗装専門店,有限会社 真和美装サービス All Rights Reserved.